Category : * EXPERIMENTAL NOISE / JUNK (音響系ノイズ / ジャンク系)



Sort by - Recommend - Price - Newest

Giancarlo Toniutti & Tiziano Dominighini "The Sound-Placing Land Bridge" CD

2,300円(税込)
フィールド・レコーディングを素材としつつ80年代初頭の音源を使い、Dominighiniはギターやシンセも使うが、明確な演奏らしき部分がほとんどない。

Marc Behrens/Francisco Lopez "A Szellem Alma" 2CD

2,700円(税込)
実験ノイズ界の重鎮の2人がハードコア路線を追求していた時期の作品。

Giancarlo Toniutti "L’Appendino (1849)" LP

4,400円(税込) SOLD OUT
1979-80年という初期の音源を新たに構成した新作。ソリッドな物音系、フィールド音など、後年の彼の指向を反映した音響的な秀作。

Giancarlo Toniutti & Tiziano Dominighini "Counterchronology" CD

2,300円(税込)
ごく初期1979年の音源で、リズムも刻まれたジャンク打楽器とのセッションという形は珍しい。全体は非常に混沌としている。

V.A "Contemporary Denshi-Zatsuon vol.2" CD

1,600円(税込)
初のノイズ専門雑誌「電子雑音」が単独でリリースしたもの。Solid Eye、Speculum Fight、そしてキーマンだったMSBR。

Ken Ikeda+Rie Nakajima (中島吏英)+Makoto Oshiro (大城真) "Floating Weeds" CD

2,100円(税込)
サウンドアートの中島と大城を迎え撃つという構図。大城とのコラボは音の質感が溶け合い、最も完成された印象。

Stephen Cornford "Constant Linear Velocity" CD

2,100円(税込)
16台のDVDドライブのエラー電子ノイズのような動作音と、壊れたディスクドライブの駆動音。

Lampis "Object Shape Description" CD

2,100円(税込)
様々な花瓶の形状を、細分化された音声や物音の集積や断片の高速な連なりで説明するというコンセプチュアルな音作品。

Nocturnal Emissions "Fruiting Body L.P." LP (used)

3,800円(税込)
ノイズ界の大御所の、ごく初期のLP。荒廃したビートと全体を覆う厭世的な淀んだ空気。

Rhys Mottley “Parasite” CDR

2,100円(税込)
ギターを様々な方法でもてあそんで創られたが、難しいことをやっていないのに豊かな質感を見せる。

Jun-ichi Shuo (周尾淳一) "The Third"(抜粋版)CDR

1,200円(税込)
岩手県は花巻で密かに活動するアーティスト(?)。膨大な数のとりとめないノイズ作品の中から厳選した6枚組の抜粋版。

Jun-ichi Shuo (周尾淳一) "山海経 (Sutra of The Described World)" CD

2,500円(税込)
岩手県は花巻で密かに活動するアーティスト(?)。音響彫刻のHarry Beroiaを想起させる金属音の集積によるノイズ秀作。

Jun-ichi Syuo (周尾淳一) "Variation V" CD

2,500円(税込)
岩手県は花巻で密かに活動するアーティスト(?)。Variationが示す音質の変化や静ひつな部分を含む。

Langham Research Centre "Tape Reworks vol.1" 7"EP

1,200円(税込)
Langham Research Centreの作品を、Jim O’Rourkeとインダストリアル・ユニットGroup AがRemixした。

Clinton Green "Thylacine" CDR

1,600円(税込)
Ernie Althoffと共演してハマったのか、この単独作もAlthoffの音響オブジェを使う。どれも非常に静かな展開なのは驚き。

James Greer "Tokyo の Densya" cassette

1,500円(税込)
東京に住み、日本の音を録音しまくっている作家の作品。録音素材をコラージュし、エコーや電子音を加えるなど音楽作品としている。

Jessica L. Wilkinson/Simon Charles "Marionette" CD

2,000円(税込)
オーストラリアの作家自身がそのテキストを読み上げ、Simon Charlesによる様々なコラージュや音響と共に再構築した。

Club Sound Witches/The Mermaids "Surface Noise Vol 7" CDR

1,400円(税込)
片っ端から違法カットアップするローファイ・バンドが、自国の別のバンドの音源を素材にして作ったという雑音的コラージュ。

die Angel "Yoen Magneetti Sine" LP

3,600円(税込)
フィンランドのノイズ系バンド。果てしなく暗いダークノイズは、風光明媚な土地柄とは対極にある。

Hiro Hisasue "Picturesque" CD

1,200円(税込)
4年ほど前から活動しているノイズ作家。フィールド音あるいは物音系の素材を加工し、シンセも加わってめまぐるしく展開する。

Massimo Toniutti “il Museo Selvatico” 2LP

4,800円(税込) SOLD OUT
Giancarlo Toniuttiの弟Massimoの、1991年に自主盤LPの復刻。当時の未発表音源から2つのテイクをボーナスとして追加。

Mario de Vega "38" 12"EP

3,600円(税込)
メキシコ出身のマルチアーティストのドローン作品。インダストリアル的な重苦しさや刃物のような危険な鋭利さで覆われている。

Clinton Green & Ernie Althoff "Blindfold test" CDR

1,600円(税込)
ジャンク音響オブジェで演奏し続けるAlthoffが、オーストラリア地下音楽の目付役Clinton Greenと共演!

Herbert Jercher & Ernie Althoff "The Sunshine Shuffle" CDR

1,200円(税込)
アコースティック・ギターソロの、数秒から1分程度のごく短い99ものトラックが並び、ランダムモードで再生する。

AUBE “Tapes 1992-1994” 7CD Box

6,480円(税込) SOLD OUT
高い作品性の実験ノイズで海外からも評価されていた中島昭文が運営していた、自主レーベル G.R.O.S.S.の初期のカセットの再発。個別の7作をまとめたボックスが出現!

Michael Lightborne "Sounds of the Projection Box" LP

2,900円(税込)
35mmフィルムの上映機器の音を録音したもの。「なんだかわからないが面白い音」。

Kiyoharu Kuwayama (桑山清晴) "Falsegraphia" 10"+CDR

3,200円(税込)
名古屋シーンの代表格・桑山氏の最新作。廃工場の広大な空間に響くジャンクノイズだが、シンセなどを織り交ぜた構成感がある。

Fosil Sangiran "Khayal Kuno" cassette

1,800円(税込)
Matt Schoemakerの変名。ビートを刻んだギターノイズから始まるが、やがてソリッドなノイズに埋もれていく。

Fosil Sangiran "Pasar Fosil" cassette

1,800円(税込)
Matt Schoemakerの変名。盛り上がる部分以外はかつてのTrente Oiseauxなどでの作品の感触。

stelzer / murray "Connector" cassette

1,800円(税込)
Howard StelzerとBrendan Murrayのデュオ。フィールド音を加工した腐食ノイズ。

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM