Category : * EXPERIMENTAL NOISE / JUNK (音響系ノイズ / ジャンク系) , artists : A - F

Sort by - Recommend - Price - Newest

Fabio Perletta + Luigi Turra "Ma" CD

2,400円(税込)
日本語の「間」。安藤忠雄の建築にインスパイアされた、空間との対話としての物音系作品。

Brian Lavelle & Richard Youngs "Radios" CD (used)

1,400円(税込)
Youngsは実はアンダー・サイケの人だが、Brian Lavelleが主導したと思われる非常に鋭利な電子ノイズ。

Borbetomagus & Voice Crack "Fish That Sparkling Bubble" LP (used)

4,500円(税込)
超暴力なBorbetomagus、なんでこんなコラボが?と思わせるが、違和感はない。オリジナル。

David Jackman "Silence in that Time" CD

2,200円(税込)
「あ!やっぱり」てな感じのピアノの打撃のパターン反復。暗雲ただよう気配は反復ごとに微妙に違いがあり。なぜかセンスを感じてしまう。

Black Zinc Galvanizing Darkness "Tutto Sulla Verita" cassette

2,200円(税込)
_Defunctness名義でフィールドレコーディング作品のシリーズを送り出していたが、久々にノイズ演奏の名義BZGDでのリリース。

Alien Brains "Live At The Basement" CD

2,420円(税込) SOLD OUT
TNBのRupenus兄弟が参加していたとして、その筋のマニアが追っていたAlien Brainsの傑作"Live At The Basement"を初CD化。

Ann Rosen/Sten Olof Hellstrom "Lagrad" CD

2,200円(税込)
Fylkingen主催のライブでの作品で、物音っぽい素材の質感ながらキリキリと鋭利な音が含まれ、入念に作られた秀作。

Francisco Lopez "untitled (2018)" CD

1,980円(税込)
フィールド音を使うノイズ作家として重鎮だが、そういう狭い垣根を取り払ってバリエーションに富んだ高内容。

Enrico Piva "anticlima (the magnetic activity 1978-1999)" 5CD Box

10,000円(税込) SOLD OUT
知られざるポルトガルのアーティストの、死後残された膨大な数の自主リリースのカセットや未発表のテープ類をアーカイブ。

Clinton Green "Thylacine" CDR

1,600円(税込)
Ernie Althoffと共演してハマったのか、この単独作もAlthoffの音響オブジェを使う。どれも非常に静かな展開なのは驚き。

Club Sound Witches/The Mermaids "Surface Noise Vol 7" CDR

1,400円(税込)
片っ端から違法カットアップするローファイ・バンドが、自国の別のバンドの音源を素材にして作ったという雑音的コラージュ。

die Angel "Yoen Magneetti Sine" LP

3,600円(税込)
フィンランドのノイズ系バンド。果てしなく暗いダークノイズは、風光明媚な土地柄とは対極にある。

Clinton Green & Ernie Althoff "Blindfold test" CDR

1,600円(税込)
ジャンク音響オブジェで演奏し続けるAlthoffが、オーストラリア地下音楽の目付役Clinton Greenと共演!

AUBE “Tapes 1992-1994” 7CD Box

6,480円(税込) SOLD OUT
高い作品性の実験ノイズで海外からも評価されていた中島昭文が運営していた、自主レーベル G.R.O.S.S.の初期のカセットの再発。個別の7作をまとめたボックスが出現!

Fosil Sangiran "Khayal Kuno" cassette

1,800円(税込)
Matt Schoemakerの変名。ビートを刻んだギターノイズから始まるが、やがてソリッドなノイズに埋もれていく。

Fosil Sangiran "Pasar Fosil" cassette

1,800円(税込)
Matt Schoemakerの変名。盛り上がる部分以外はかつてのTrente Oiseauxなどでの作品の感触。

Black Zinc Galvanizing Darkness "Sull’ Orlo Della Rovina" cassette

2,200円(税込)
水滴の音から始まって、そのまま物音などを加えながら暗闇をさまようA面と、溶解した金属ジャンクが続くB面。

Black Zinc Galvanizing Darkness "Birth of Despair" CD (used)

1,600円(税込)
密かに活動しているBZGDの、2015年リリース。初めも終わりもないデス・インダストリアル。

Ernie Althoff "Fifteen" CDR

1,500円(税込) SOLD OUT
ターンテーブルに乗せたジャンク類が、その回転とともにカチャカチャと素朴な雑音を奏でる。

Ernie Althoff "Music for Seven Metal Machines" CDR

1,300円(税込)
オーストラリアの実験音楽家Althoffの過去のカセットの復刻。ソソられる題名が示す通り、メカニックな自動演奏装置のジャンクな音。

Daniel Menche "Blood of The Land" miniCD

1,300円(税込)
嵐の実録音に、人為的とはわからない程度の電子音や軒下の雨だれ風金属音が巧みに仕込まれている。

Francisco Lopez/Xabier Erkizia "Elektra Bidasoa" CD

1,900円(税込)
都市や工場のノイズに傾倒していた頃のLopez作品。ブックレットが美しい。

Chin Mountain "Music for the Shed Skin of Cicada" CDR

1,320円(税込)
長らく音沙汰がなかった山田ノブオが制作活動再開!本来の作風であるジャンク系となっているが、かつてよりは荒っぽさは薄れている。

Chin Mountain "Radio Secret meeting Night" CDR

1,320円(税込)
長らく音沙汰がなかった山田ノブオが制作活動再開!虫の鳴き声とラジオノイズがミックスしてゆく作品。

Defunctness/A.N.T.-2 "Sporadic" CDR+booklet

1,620円(税込)
フィールド音を加工し、重厚金属ノイズとなっているDefunctnessと、B. Eno系のアンビエントは封印し、こちらもハードなノイズのA.N.T.-2。

Ernie Althoff "Reliquary" CDR

1,600円(税込)
自動演奏をするジャンクオブジェで知られる作家だが、貝殻、文房具、ボタン、バネ、ネジなど小さな物体をいじる音がどこまでも続く。

Diatribes & Christian Alvear "Roshambo (trio)" miniCDR

800円(税込)
パーカッションとラップトップの2人組Diatribesのドローンに、うつろなChristianのギターの連打が寄り添う。

Christoph Heemann "The Rings of Saturn: Complete Edition" CD

2,300円(税込)
Mirror的音響とともに音楽的要素も自在にアレンジしたカレイドスコープ。素材の選択やコラージュが洗練されている。

Adam Bohman "Music and Words 2" CD

2,300円(税込)
MorphogenesisのリーダーだったBohmanが、1980年代からの雑多な音源から、声やテキストを伴いかつ音楽的なものをテキトーに拾いだしたもの。

Adam Asnan "FBFC" miniCDR

1,000円(税込)
映画用の35mmフィルム缶の金属蓋をスピーカー用の振動体で振動させた音作品。音響ノイズの王道としてオススメ。

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM