金沢健一 " ソロ・パフォーマンス" CD

Category : * EDITION OMEGA POINT , Experimental Music of Japan(日本の実験音楽-その1)


[English description is below.]

鉄の厚板を熔断・熔接し、立体作品として提示する彫刻家・金沢健一は、その熔断された鉄の「かけら」を叩くことで生まれる音に注目し、《音のかけら》というパフォーマンスを始めた。ソロやコラボレーションなど膨大な数の演奏を行ってきたが、今回は活動30周年となる回顧展でのソロパフォーマンスを記録しリリース!さまざまな鉄の様相と対話をするかのように、擦り、叩き、共鳴させる行為に没入する姿は修行僧のごとし。同時に手がけている、振動による物理現象「クラドニ図形」の視覚的表現に対して、本作は鉄が持つ内なる音を探索する、純粋に聴覚的な表現である。

track 1: 始まりは振動の作品《振動態―円、正方形》によるドローン。
track 2: 《音のかけら5》の鉄板上に乗り、鉄の音、その余韻、鉄板の振動、空間の音の反響を身体で感じながら即興的に音を出す。
track 3: 鉄片から音を出し、そこに竹筒を近づけることで、ある周波数帯域が共振する。また金属、ピンポン玉、木のバチなどのいろいろな素材を作品の上に落としたり、転がしたりする。(sound file)
track 4: 《振動態―正方形》の上に鉄線をのせ振動させる。(sound file)
track 5: 鉄棒で鉄片を擦る。
track 6: 金槌で鉄片の熔断面の部分を叩いてキーンという高音を出す。(sound file)
track 7: 作品の上にいろいろな素材(金属、ピンポン玉、木のバチ、鉄線など)が載った状態で鉄片を叩く。プリペアードされた音を鳴らす。

金沢健一プロフィール
1956年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。以後個展・グループ展を国内各地で多数展開する。1987年より《音のかけら》を開始。また2000年より振動をテーマとした「振動態」を開始、クラドニ図形へと展開している。各地でパフォーマンスやワークショップを開催する。1989年埼玉県川越市にアトリエを構える。2011年、活動30周年の回顧展となる「金沢健一展 出発点としての鉄 1982-2011」を川越市立美術館で開催。


--------------------------------------------------
Kenichi Kanazawa "Solo Performance" CD

Kenichi Kanazawa is a sculptor. He cuts and assembles thick iron plate pieces, and also he remarked the sound of the iron pieces. This CD is live recording of performance at his recent retrospective exhibition in 2011.

- Oto no Kakera (= Fragments of Sound) was laid by clue that I participated in an exhibition 'Sound Garden' in 1987.
An idea occurred for the work of the exhibition. I cut thick steel plate as like pieces of jigsaw puzzle on theme of relationship of iron, figure and sound. I attacked the pieces by sticks, and then I experienced listening their sounds first. Various pitches, tones and resonances of sounds were made from area and shape of each pieces. They extended world of iron sound richly.
In the 'Sound Garden' exhibition, artists had to do any performance. I believe it was beginning of Oto no Kakera performance. This CD is recording of performance in exhibition 'Kenichi Kanazawa, iron as a starting point 1982-2011'. - from liner note

track 1: starting by Vibratile Shape - Circle and Square.
track 2: improvisation on Oto no Kakera 5 object.
track 3: I emphasized specific frequencies of sound through bamboo pipe, and I sounded by falling and rolling various materials on Oto no Kakera.
track 4: steel wire vibration on Vibratile Shape - Square.
track 5: rubbing an iron piece by iron bar.
track 6: high tone by hummer attack on iron piece.
track 7: preparation effect by various materials on Oto no Kakera.

Durations: tr.1_7'35" / tr.2_7'31" / tr.3_7'04" / tr.4_6'14" / tr.5_2'27" / tr.6_1'47" / tr.7_3'48"

(reference rate: US$21.9)

型番 OMEGA POINT OPX-010
定価 2,484円(内税)
販売価格

2,300円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM