Joji Yuasa (湯浅譲二) 他「大阪万博・せんい館の音楽」CD

Category : * EDITION OMEGA POINT , Obscure Tape Music of Japan(日本の電子音楽-その2)


(English is below)

track 1:パターン・スライド"紋様"の音楽_6'10" (sound file)
track 2:カラフル・ワールドの音楽_8'13"
track 3:ホワイト・ワールドの音楽_8'44"
track 4:「ロビー人形」の声(日本語版、英語版、ポルトガル語版のミックス)_13'36"
track 5:オブジェ「大ガラス」の声_3'43" (sound file)
track 6:映像ドーム内のBGM_7'32"

大阪万博のせんい館といえば、湯浅譲二のマルチ・チャンネルのミュージック・コンクレート音響と松本俊夫の映像による「スペース・プロジェクション・アコ」が有名であるが、館内の各所に設置されたオブジェに仕掛けられた音や、各スペースで流された音も、おざなりの背景音楽ではない前衛的な指向を持った音楽として制作されていた。3曲目では湯浅の代表的電子音楽「プロジェクション・エセムプラスティク」を加工し、映像ドームでイベントのない時間帯に流された曲では、マリンバの音を変調して鐘のような響きを出すなど、BGMとして流すにはもったいないものばかり!「ウルトラQ」など円谷作品の音響を担当し、館の音響技師として働いた松本好正氏所蔵のテープを発見、初公開!


---------------------------------------------------------------------
JOJI YUASA "Background Sound in Textile Pavillion of EXPO '70" CD
Edition OMEGA POINT Archive Series OPA-014

track 1: Music for 'Pattern-Slide "Mon'yoh" '_6'10"
track 2: Music for 'Colourful World'_8'13"
track 3: Music for 'White World'_8'44"
track 4: Voices of Dolls (mixed version of Japanese, English and Portuguese)_13'36"
track 5: Voice of 'Raven' objects_3'43"
track 6: Background Sound of Central Dome_7'32"

In the EXPO '70 in Osaka, many avant-garde artists were participated in architectures, space design, environmental design and sound works. Espacially in Textile Pavillion ('Sen-i Kan' in Japanese), most remarkable experimental event "Space Projection 'Ako' " for multi-channel tape music by Joji Yuasa and image projection by filmmaker Toshio Matsumoto was carried out. And also in the pavillion, background sound for several space and objects were composed by Joji Yuasa mainly.

This original master tape was offered by Yoshimasa Matsumoto - he was a sound operator of this pavillion. His name is known as sound engineer for 60's TV movies "Ultra Q", "Ultraman" and others.

(reference rate: US$24.8)

型番 Edition OMEGA POINT Archive Series OPA-014
定価 2,808円(税込)
販売価格

2,600円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM