Joji Yuasa (湯浅譲二)「実験映画のための音楽」CD

Category : * EDITION OMEGA POINT , Obscure Tape Music of Japan(日本の電子音楽-その1)


(English is below)

track 1:湯浅譲二「アンディウォーホール複々製」(1974年作曲)19'41" (sound file)
track 2:湯浅譲二「オートノミー」(1972年作曲)11'38" (sound file)
track 3:湯浅譲二「白い長い線の記録」(1960年作曲)12'54" (sound file)

60年代から70年代にかけて、現代音楽の重要人物たちが実験的アニメーションや実験映画のための音楽を提供していた。特に実験映画では松本俊夫の作品群が有名であり、近年DVDにまとめられた。本作は松本としばしば共同して制作してきた湯浅譲二の、ミュージック・コンクレートの手法で作られたサウンドトラックをまとめたものである。ウォーホールのインタビューから意味のない部分だけ取り出して解体し、とんでもなくヤバい音の「アンディ・ウォーホール複々製」を始め、DVDに未収録の、ごく最近発見された最初期の作品「白い長い線の記録」と72年の「オートノミー」の3作品。「オートノミー」以外は眠っていたオリジナル・テープからの復刻である。

-------------------------------------------------------------------------
JOJI YUASA "Music for Experimental Films" CD
Edition OMEGA POINT Archive Series OPA-007

track 1: Andy Warhol : Re-Reproduction (1974) 19'41"
track 2: Autonomy (1972) 11'38"
track 3: Document of The Long White Line (1960) 12'54"

Many avant-garde composer had made sound tracks for experimental film maker Toshio Matsumoto. This CD consists of Joji Yuasa's three musique concrete works for his 60-70's short films - Broken meaningless words of "Andy Warhol : Re-Reproduction", electronic sound and collage with chamber orchestra for obscure an earliest work "Document of The Long White Line" and strange concrete sound of "Autonomy".

(reference rate: US$24.8)

型番 Edition OMEGA POINT Archive Series OPA-007
定価 2,808円(税込)
販売価格

2,600円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM