Toshi Ichiyanagi (一柳慧) 「Computer Space」 CD

Category : * EDITION OMEGA POINT , Obscure Tape Music of Japan(日本の電子音楽-その2)


(English is below)

2018年に一柳氏宅から発見された2つの音源を初公開!まったく埋もれていた初期コンピューター作品の表題作と、松本俊夫の短編実験映像作品の素材と思われるもの。特に前者の、コンピューターのみでは単純な音しか出せない時代ながら、アナログテープ上で加工されたと思われるヨジれた音は衝撃的。また鳥の声のような正体不明の環境音楽風の電子音作品と、《G線上の悲劇》として知られる久里洋二のアニメ作品の元となった、幻の自主制作本に付属していたシングル盤の復刻も収録!

1_一柳慧_コンピューター・スペース / 1970_3'12" (sound file)
2_一柳慧_《メタスタシス》のための素材音源 (a) / 1971_0'39
3_一柳慧_《メタスタシス》のための素材音源 (b) / 1971_0'34
4_一柳慧_題名・制作年不明 (a)_7'25" (sound file)
5_一柳慧_題名・制作年不明 (b)_7'18"
6_一柳慧_弦楽器のために・第2 + スタンザス (ともに1961、同時演奏) _15'55" (sound file)

コンピューター・スペース (1970)
一柳による、ほぼコンピューターのみで制作された電子音楽作品としては、人間の朗読を再現した《生活空間のための音楽》(1969)がある。本作はこれと同時期であり、複雑な音作りは不可能だったはずだが、途中でエコーや急速な音程変化が聴かれる(声らしきものも混入する)。また同じようなフレーズが繰り返されることから、短いフレーズのバリエーションがいくつか作られ、それらをアナログテープ上で加工しつなげたと思われる。

《メタスタシス》のための素材音源 (1971)
実験映像作家・松本俊夫の短編《メタスタシス》(1971)の音楽の素材と思われるもの。発掘されたのはわずか30秒ほどの2種類の電子音だが、10分ほどの作品全体の中では、特に(b)のものがミニマリスティックなパターンの一部として繰り返し現れる。ともにフェードイン・アウトされているのは、何らかの意図か。

題名・制作年不明
実際の鳥の声を変調したと思われる電子音が、多少姿を変えながら淡々と続く作品。1、2分程度のものが多数あり、このCDでは適宜つなぎ合わせている。1970年大阪万博のタカラ・ビューティリオン館のために作られた、ポピュラー音楽の一部を使った作品にも、これと類似した音が使われている。タカラ・ビューティリオン館の別のフロアには他の環境音楽も提供されたようだが、一柳によれば本作はそれに類するものではないとのことであった。

弦楽器のために・第2 + スタンザス (ともに1961、同時演奏)
久里洋二のアニメーション 《G線上の悲劇》(1969)に使われた音楽であるが、これはもともと草月アートセンターで公開で演奏されたものの音源を多少編集したものである。そのオリジナル音源は、アニメーションが作られる前の1966年に久里洋二が自主制作した本《やぶにらみのコンサート》に付属していたシングル盤に収録されていた。この本は《G線上の悲劇》とはまったく違うイメージの、一続きのペン画10ページの漫画であった。
今回はそのオリジナル音源の復刻を収録した。時期は小野が日本にいた1961年から64年までであり、小林健次のバイオリン、一柳のピアノ内部奏法、小野のヴォイスの組み合わせで行われたと考えられる。それぞれ電気的な増幅が加えられている。

------------------
Toshi Ichiyanagi "Computer Space" CD
Edition OMEGA POINT OPA-022

Two sound compositions discovered at Mr. Ichiyanagi’s home in 2018 to be released for the first time! One is an unknown early work created on a computer and the other is material for an experimental short film by Toshio Matsumoto. Particularly, the former piece was revolutionary. the quirky sound he made on the computer at the time was unheard of especially because a computer could only create simple sounds then. Moreover, it also includes an unknown electronic ambient piece reminiscent of a bird tweeting as well as a reissued version of an accompanying single of a mythical self-published book, which inspired Yoji Kuri’s animation work known as “Tragedy on G string”!


Computer Space (1970)
There is a piece called “Music for Living Space” (1969), which recreated human spoken words. It is an electronic music piece that Ichiyanagi produced almost solely with a computer. “Computer Space” is created in the same era, therefore it was impossible to create a complexed sound. However, echoes and rapid pitch changes are heard in the middle of the recording (there is also voice like sounds intermixed). Since similar phrases are repeating, it is considered that he created various short phrases to edit on an analogue tape then bind them together.

Sound materials for “Metastasis” (1971)
It is considered as sound material for a short film by an experimental filmmaker, Toshio Matsumoto. The discovered sound material is only 30 seconds long, which contains two different electronics sounds. The (b) sound repeats more often as a part of minimalistic pattern to create a work of about 10 minutes. Using a fade-in/fade-out arrangement made me think it might have some special intention?

title and year unknown
These works archived in Sogetsu Foundation contain electronic sounds which are considered to be created by changing tones of real bird tweets. The sound repeats itself in a straightforward manner, while changing its foam somewhat. Originally, there are many pieces that last for 1 or 2 minutes. For this CD, some of them were strung together. A piece using parts of popular music that was created for Expo’70 Takara Beautilion contains similar sounds to that. Ichiyanagi also contributed another ambient music composition played on another floor of the building, however it is not included to this CD, according to the artist.

For String #2 + Stanzas (Both in 1961, Simultaneous performance)
This piece is the music used in the film however it is originally a recording of a public performance at Sogetsu Art Center and edited to a few minutes shorter. The original sound material was included in an accompanying single of a book, “Yabunirami-No-Concert”, which Yoji Kuri self-published in 1966 before he created an animation. This book contains 10 pages of a series of ink drawings, which is completely different from “Tragedy on G string”. This CD has a reissued version of the original sound material. The time could be between 1961 and 1964 when Ono was in Japan. It is considered that Kenji Kobayashi was on Violin and Ichiyanagi was on Piano in an internal rendition style were together with Yoko Ono on vocal.

1_Toshi Ichiyanagi Computer Space / 1970_3'12"
2_Toshi Ichiyanagi material of Metastasis (a) / 1971_0'39"
3_Toshi Ichiyanagi material of Metastasis (b) / 1971_0'34"
4_Toshi Ichiyanagi title and year unknown (a) _7'25"
5_Toshi Ichiyanagi title and year unknown (b) _7'18"
6_Toshi Ichiyanagi For String #2 + Stanzas (both 1961, simultaneous performance)_15'55"

型番 Edition OMEGA POINT OPA-023
販売価格

2,500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM