今井祝雄/倉貫徹/村岡三郎 "この偶然の共同行為を一つの事件として" cassette

Category : * SOUND ART / SOUND POETRY / ARTIST'S SOUND WORK (サウンドアート / 音声詩 / 美術家の音作品) , artists: I - Q


1972年、大阪市内の一角で、各自の心臓音を10日間放出し続けるという挑発的なイベントが行われた。街の騒音と人間の生命体としてのリズムを相互に浸透させるという意図で、現在大阪のギャラリーでこれに関連する今井の音作品を展示中。今井は60年代に具体のメンバーだった。今回のエディションはその展示に合わせたもの。A面はイベントを記録したもので、まさに街頭の音と心臓音がミックスされる。またB面は今井の心臓音をループにして延々と流される。状況を説明した当時の写真3枚とサイン入りカードとのセットで限定100。

型番 Edition cococara/日本美術サウンドアーカイブ
販売価格

3,240円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM