Henning Christiansen "Den Rode Skov" LP

Category : * SOUND ART / SOUND POETRY / ARTIST'S SOUND WORK (サウンドアート / 音声詩 / 美術家の音作品) , artists: A - H


1986年に奥さんのUrsulaが制作した映画の音楽で、そういう映画があったこと自体埋もれていた。ジャケにLPサイズの映画場面のスチール写真9点を使い、その画面からの毒々しいほどの色彩が退廃的な内容を想像させる。音楽は当然Henningだが、ボウルやチューブなどいろいろな道具の音をWerner Durandが担当している。声は一家総出でやっていて、それらが変調されるなど奇妙な音が全体を覆う。真っ赤なカラー盤といい、値段相応の豪華な作り。
<試聴> side A / side B

型番 Penultimate Press
販売価格

5,000円(税込)

在庫数 SOLD OUT!
SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM