Hanne Darboven "Vierjahreszaiten" LP (used)

Category : * SOUND ART / SOUND POETRY / ARTIST'S SOUND WORK (サウンドアート / 音声詩 / 美術家の音作品) , artists: A - H


09年に世を去った前衛美術家Darbovenばあさんは、単純な数字の羅列などといったコンセプチュアルな作風ゆえに、さきの松澤の展覧会カタログにも登場する。これは自分で演奏した(?)、Broken Music誌掲載の1981年の自作LP。アナログの電気オルガンでのミニマルなパターン反復が果てしなく繰り返される麻薬音楽。しかもループやシーケンサーとは無縁の微妙に変化するパターンなので、ナマの演奏ならば驚異といえる。途中にバロック風の短いフレーズが挿入されるのが大変効果的。彼女の音作品はいくつかあるが、オルガンでLPというのはほとんどないし、このシンプルな作品が最も音楽的な恍惚度が高い。もともとギャラリー向けなので、今ではほとんど見かけない。盤m-/ジャケvg+(経年の薄汚れ)。
<試聴>

型番 private
販売価格

36,000円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Free Page

Feeds

RSS - ATOM